ぺリーのちょんまげ

『編笠十兵衛』
隠密高橋英樹の目から見た「忠臣蔵」
池波正太郎の人気作を名監督陣が演出

掲載2011年04月08日

(あみがさじゅうべえ) 1974年

編笠十兵衛こと月森十兵衛(高橋英樹)は、父子二代に渡って、将軍家より密命を受ける家系。父は柳生十兵衛の庶子として母方の姓を名乗った。十六歳で祖父の名前を受け継いだ月森十兵衛は、剣の腕は天才的。浪人として愛妻と暮らすが、葵のご紋の入った公儀御用の手形を所持する隠密であった。その十兵衛を手足のごとく動かして世情を探索させるのが、中根平十郎(片岡千恵蔵)。彼らはやがて、浅野内匠頭の松の廊下の刃傷事件から、家臣四十七士の仇討ちを密かに見守ることになる。
 高橋英樹×千恵蔵、さらに十兵衛と交流する奥田孫太夫に大友柳太朗と聞いただけで、「役者は揃った!!」という感じだが、目が離せないのが、伊藤雄之助の吉良上野介。好色にして貪欲な上野介で、憎いはずなのに、どこか愛嬌すら感じられるのは、この人ならではの味といえる。十兵衛と宿命的な対決をする舟津弥九郎(成田三樹夫)の不気味さや、気風のいい女賊お俊(葉山葉子)、上杉家を守るために命をかける小林平八郎(露口茂)の人物描写の面白さは、さすが池波正太郎原作作品。さらに、演出陣がまたすごい。田中徳三、松尾正武、池広一夫、三隅研次など、時代劇を知り尽くした面々。市川雷蔵の「眠狂四郎」などで腕をふるった監督たちだけに、十兵衛の剣は華麗に決まる。

( 書き下ろし )

50音順リスト
  [あ行]   [か行]   [さ行]   [た行]   [な行]   [は行]   [ま行]   [や行]   [ら行]   [わ行]  

ペリー荻野プロフィール
ペリー荻野

1962年愛知県生まれ。大学在学中よりラジオのパーソナリティ兼原稿書きを始める。 「週刊ポスト」「月刊サーカス」「中日新聞」「時事通信」などでテレビコラム、「ナンクロ」「時代劇マガジン」では時代劇コラムを連載中。さらに史上初の時代劇主題歌CD「ちょんまげ天国」シリーズ全三作(ソニーミュージックダイレクト)をプロデュース。時代劇ブームの仕掛け人となる。

映像のほか、舞台の時代劇も毎月チェック。時代劇を愛する女子で結成した「チョンマゲ愛好女子部」の活動を展開しつつ、劇評・書評もてがける。中身は"ペリーテイスト"を効かせた、笑える内容。ほかに、著書「チョンマゲ天国」(ベネッセ)、「コモチのキモチ」(ベネッセ)、「みんなのテレビ時代劇」(共著・アスペクト)。「ペリーが来りてほら貝を吹く」(朝日ソノラマ)。ちょんまげ八百八町」(玄光社MOOK)「ナゴヤ帝国の逆襲」(洋泉社)「チョンマゲ江戸むらさ記」(辰己出版)当チャンネルのインタビュアーとしても活躍中。

視聴方法