ぺリーのちょんまげ

必殺仕掛人

掲載2000年11月14日

(ひっさつしかけにん) 1972年

 池波正太郎の傑作をもとに許せぬ悪を挑む殺し屋の姿を描く。
 元締めで島帰りの夫婦(山村聡・中村玉緒)、鍼医梅安(緒形拳)、浪人、西村左内(林与一)らの表と裏の顔、仕掛の技など、必殺シリーズ元祖の面目はさすが。11月13日の放送は記念すべき第一回「仕掛けて仕損じなし」。ヒールの浜田寅彦、高品格の悪辣ぶり、深作欣二監督の緊迫感あふれる演出が冴える。深作監督といえば最新作「バトルロワイアル」が公開中だけど、仕掛人の必殺技はそっちでも生かされているのかしらん?
 演出の深作監督が意気昂揚なら、主演の緒形拳も相変わらず元気で、競馬のCMで松嶋菜々子と共演しているし、今秋には紫綬褒章も受けている。「仕掛人」当時は三十代で、立ち回りも濡れ場もノリまくりだった。母親に捨てられ、鍼の師匠に拾われたのはいいが、女に裏切られ、初めて殺しに手を染めた梅安。殺しで得た金を花街で散財する刹那的な生き方を、緒形拳は調子よく演じていた。まさにハマリ役ってヤツ。講談社から出ている原作文庫本のカバーに描かれている梅安のイラストも、緒形拳そっくりだもんね。まあ、褒章もいいけど、あんまり偉くなってほしくないというのが、ペリーを含めたファンの本音かも。
 各ストーリーの充実ぶりはシリーズ屈指だが、とくにオススメなのは、田村高廣がゲストの21話「地獄花」。必見なのだ!

( 産経新聞掲載分に加筆 )

50音順リスト
  [あ行]   [か行]   [さ行]   [た行]   [な行]   [は行]   [ま行]   [や行]   [ら行]   [わ行]  

ペリー荻野プロフィール
ペリー荻野

1962年愛知県生まれ。大学在学中よりラジオのパーソナリティ兼原稿書きを始める。 「週刊ポスト」「月刊サーカス」「中日新聞」「時事通信」などでテレビコラム、「ナンクロ」「時代劇マガジン」では時代劇コラムを連載中。さらに史上初の時代劇主題歌CD「ちょんまげ天国」シリーズ全三作(ソニーミュージックダイレクト)をプロデュース。時代劇ブームの仕掛け人となる。

映像のほか、舞台の時代劇も毎月チェック。時代劇を愛する女子で結成した「チョンマゲ愛好女子部」の活動を展開しつつ、劇評・書評もてがける。中身は"ペリーテイスト"を効かせた、笑える内容。ほかに、著書「チョンマゲ天国」(ベネッセ)、「コモチのキモチ」(ベネッセ)、「みんなのテレビ時代劇」(共著・アスペクト)。「ペリーが来りてほら貝を吹く」(朝日ソノラマ)。ちょんまげ八百八町」(玄光社MOOK)「ナゴヤ帝国の逆襲」(洋泉社)「チョンマゲ江戸むらさ記」(辰己出版)当チャンネルのインタビュアーとしても活躍中。

視聴方法