• 視聴方法 時代劇専門チャンネルを見たい方はこちら! 詳しくみる
  • スカパー!で見る
  • J:COMで見る

注目のキーワード

HOME > 

ペリーのちょんまげ

ペリーのちょんまげ

掲載日2017年03月24日
「小河ドラマ 織田信長」
織田信長が自分が主人公のドラマの現場にタイムスリップ
脚本に文句までつける信長が語る「本物の戦」って!?

(しょうがどらま おだのぶなが) 出演者:三宅弘城/松井玲奈/秋山竜次(ロバート) 2017

 多くの本格オリジナル時代劇を制作してきた時代劇専門チャンネルが手がけた異色ドラマ。大河ドラマならぬスケールの小さな「小河ドラマ」というところにもご注目。
 主人公は現代にタイムスリップしてきた織田信長(三宅弘城)。さぞかしびっくり仰天かと思いきや、新しもの好きで意外にすんなりと現代になじんでしまう。ただし、たまたまそこは「連続時代劇 織田信長」の撮影現場だったため、本人としては気になることばかり。しかも、プロデューサーは調子はいいがテキトーな人物で、ドラマの進行を担当するのが、仕事は好きで頑張るが空回りしやすい新人ディレクター太田(松井玲奈)。キャストも信長役が人気芸人のロバート秋山竜次。ただでさえ混乱しやすい現場で、短気で強引な本物信長は「事実と違う!」と脚本を書き換えてしまう。それによると桶狭間も鉄砲隊も出てこない!?
 まじめにやればやるほど混乱するとんでもないドラマだが、出てくるエピソードが全部史実というのがミソ。監督・脚本は「見た後に何も残さない」おバカなコントを作り続けてきたギャグクリエイター細川徹。秋山も"体ものまね"など独自の表現で笑わせるユニークな才能の持ち主。初時代劇で信長を演じながら、すべて秋山の"芸"に見えてくるから面白い。ズッコケて笑っているうちに信長が語る"本物の戦"が見えてくる。

掲載日2017年03月17日
「闇の傀儡師」
藤沢周平唯一の伝奇小説に北大路欣也が挑む
峰岸徹・岸田森・石橋蓮司の怪演、熱演にも注目

(やみのかいらいし) 出演者:北大路欣也/峰岸徹/原田大二郎/松原千明/佳那晃子/藤巻潤/岸田森/垂水悟郎 1982

 元御家人の鶴見源次郎(北大路欣也)は、長屋で気ままに暮らす浪人。ある夜、黒装束の男が襲われるところに遭遇した源次郎は、瀕死の男から密書を託される。その密書には「松平」の文字が。やがて男が公儀隠密であることが発覚。源次郎は、松平右近将監(垂水悟郎)から、謎の集団・八嶽党の存在を聞く。側用人・松平上総守(石橋蓮司)に雇われる形で、幕府転覆を狙うという八嶽党を追うことになった源次郎だが、将軍の世継ぎ問題までからむ事件の根は複雑だった。やがて、ある人物が「八嶽党を抹殺しろ」と命令。動き出す白川藩江戸屋敷の侍たち。八嶽党の甚内(峰岸徹)、およし(佳那晃子)、八木典膳(岸田森)らと関わるうちに事態は予想外の方向に。源次郎は敵だったはずの八嶽党のために甲州へ!?

 藤沢周平唯一の伝奇小説を、新藤兼人が脚色。八嶽党の本当の目的は何か、彼らが「お方様」と呼ぶ謎の人物は誰なのか、裏切り者はいるのか、二十万両の行方は...。謎めいた展開の中で、源次郎を慕うようになったおよし。例によって不気味な存在感を漂わせる典膳。熱血の甚内。腹の内を見せない上総守。82年の作品だけに若々しさを感じさせる峰岸、佳那、岸田、石橋の怪演熱演は見物だ。北大路は、豪快な殺陣とともにモテる源次郎の男の色気も見せる。彼とつかず離れずの公儀隠密、藤巻潤のドライな仕事ぶりも興味深い。

掲載日2017年03月10日
「女信長」
信長は恋する女!この秘密を知るのは誰なのか。
大胆発想ドラマに女ボス天海祐希が挑む

(おんなのぶなが だいいちぶ) 出演者:天海祐希/内野聖陽/小雪/伊勢谷友介/長澤まさみ/玉山鉄二/中村獅童/藤木直人/西田敏行ほか 2013

 前代未聞の設定の戦国ドラマ。主演は、プロデューサーが「タイトルを聞いたときから、この人の顔が浮かんだ」と絶賛する天海祐希。ヒゲをつけ、馬に乗る甲冑姿も見事だ。
 物語の舞台は、尾張の国。生まれた時から「強い男に」と父(西田敏行)に育てられた信長(天海)は、家督を狙って襲ってきた弟信行を返り討ちし、織田家の当主に。苦悩と秘密を抱えながらも次第に頭角を現し、敵をなぎ倒す。正室御濃(小雪)はすべてを承知し、信長を支えるのだ。しかし、信長の体内には熱い女の血が流れていた。普段は昇り流の着物や南蛮風鎧兜で勇ましい信長が、時々御濃の侍女御長(おちょう)として女の姿に。すると途端に女子モードとなり、恋してしまう。お相手のひとりは、若き二枚目武将・浅井長政(玉山鉄二)、もうひとりは明智光秀(内野聖陽)。だが、長政は、信長の妹御市(長澤まさみ)の夫、また、光秀は御濃の思い人。これはタダではすまない...。
 泥臭い秀吉に伊勢谷友介、物静かな家康に藤木直人、柴田勝家に中村獅童、服部半蔵に佐藤浩市。信長の秘密を知るのは誰か!? 今川義元の三谷幸喜は「桶狭間の戦」で浮かれたところを急襲され、逃げるところを信長に射殺される。歴史の敗者、中でも義元が大好きという三谷は喜んで討たれたとか。「わしは戦のない泰平の世を作りたい」と語った女信長の最期、謎の多い「本能寺の変」新解釈にも注目を。

掲載日2017年03月03日
「超高速!参勤交代」
金なし!人なし!時間なし!貧乏藩の不可能ミッション
涙と笑いで大ヒットした痛快ニュースタイル集団時代劇

(ちょうこうそく!さんきんこうたい) 出演者:佐々木蔵之介/深田恭子/西村雅彦/寺脇康文/伊原剛志/上地雄輔/知念侑李(Hey! Say! JUMP)ほか 2014

 ある日、陸奥国湯長谷藩に突如「五日以内に参勤せよ」との命令が下った。とはいえ湯長谷藩は、たった今、江戸から戻ったばかり。なんでまた?しかも通常十日はかかる日程を五日以内に戻らなければ、藩がお取り潰し!?  藩の家老相馬(西村雅彦)は「もう、蓄えはありません」と大嘆き。しかし、湯長谷藩の殿内藤政醇(佐々木蔵之介)は、「五日のうちに江戸に行く」と宣言。さっそく剣豪の荒木、槍名人の今村、弓矢の達人鈴木、俊足の増田、精鋭藩士五名が招集された。ここに道案内の忍者雲隠段蔵(伊原剛志)が加わり、「金なし、人なし、時間なし」前代未聞の超高速参勤交代がスタートする。だが、野盗に狙われたり、道に迷ったりとピンチの連続。別の大名の長い行列に遭遇しても通り過ぎるのを待ってはいられない。行列の前を横切るため、相馬がひねり出した珍作戦、尻出し集団が突っ走る!
 領民たちと気さくに語り合う殿は佐々木にぴったり。飢饉の際に、苦しい中でも近隣の藩に援助を惜しまなかった殿の優しさが危機を救う。そんな殿を慕う家臣たちが、アイシャドーも腹の中も黒い老中松平信祝(陣内孝則)相手に堂々と戦う気持ちよさは格別。チャンバラ大好きの寺脇康文、六角精児らが、豪快な殺陣を見せる場面もみどころだ。紅一点、殿の思い人となるお咲(深田恭子)の可愛さも光る。大ヒットしたニュースタイルの集団時代劇映画。

掲載日2017年02月24日
「変身忍者 嵐」
石ノ森章太郎原作。江戸時代の仮面ライダー!?
和風キャラからグローバルに展開する敵方にも注目

(へんしんにんじゃ あらし) 出演者:南城竜也/牧冬吉/林寛子/松葉寛祐/曽根晴美/大野剣友会ほか 1972

 江戸時代。魔神斉率いる忍者集団血車党で、特殊な身体を持つ"化身忍者"を作る秘術を持つ谷の鬼十(高松英郎)の息子・ハヤテ(南城竜也)は、忍者としての修行の日々。しかし、血車党は化身忍者を使って日本征服を企む。魔神斉に反対した父は殺された。ハヤテは、自ら化身忍者の手術を受け、正義の変身忍者嵐となる。
 原作は石ノ森章太郎。「仮面の忍者 赤影」「仮面ライダー」の名プロデューサー平山亨と脚本家伊上勝の企画だけに、今も「江戸時代の仮面ライダー」として多くの特撮ファン、変身ヒーローファンを魅了する。ハヤブサの化身の外見も斬新で、嵐は跳躍力10メートル、羽根手裏剣など羽根を操り、「秘剣影うつし」など忍法を駆使、公儀隠密タツマキ(牧冬吉)、彼の娘のカスミ(林寛子)、弟の少年忍者ツムジとともに闘う。愛馬ごと飛翔するのもすごい。敵方も個性派キャラが揃う。シリーズ前半は「鬼火マムシ」「毒うつぼ」「どくろだぬき」「死人ふくろう」など和風イメージ。後半には悪魔道人率いる西洋妖怪「狼男」「魔女メドーサ」「ドラキュラ」「スフィンクス」(!)も登場するグローバルな展開となる。それに伴って、嵐も正義の光線ガンビームなど新技を繰り出す。また、ファイティング原田、高見山大五郎、沢村忠ら当時の人気者がゲスト出演したことも特色のひとつ。変身忍者嵐見参!でおなじみの水木一郎が熱唱する主題歌も素晴らしい。

50音順リスト
  [あ行]   [か行]   [さ行]   [た行]   [な行]   [は行]   [ま行]   [や行]   [ら行]   [わ行]  

ペリー荻野

1962年愛知県生まれ。大学在学中よりラジオのパーソナリティ兼原稿書きを始める。 「週刊ポスト」「月刊サーカス」「中日新聞」「時事通信」などでテレビコラム、「ナンクロ」「時代劇マガジン」では時代劇コラムを連載中。さらに史上初の時代劇主題歌CD「ちょんまげ天国」シリーズ全三作(ソニーミュージックダイレクト)をプロデュース。時代劇ブームの仕掛け人となる。

映像のほか、舞台の時代劇も毎月チェック。時代劇を愛する女子で結成した「チョンマゲ愛好女子部」の活動を展開しつつ、劇評・書評もてがける。中身は"ペリーテイスト"を効かせた、笑える内容。ほかに、著書「チョンマゲ天国」(ベネッセ)、「コモチのキモチ」(ベネッセ)、「みんなのテレビ時代劇」(共著・アスペクト)。「ペリーが来りてほら貝を吹く」(朝日ソノラマ)。ちょんまげ八百八町」(玄光社MOOK)「ナゴヤ帝国の逆襲」(洋泉社)「チョンマゲ江戸むらさ記」(辰己出版)当チャンネルのインタビュアーとしても活躍中。

ページトップへ戻る
視聴サービス一覧

時代劇専門チャンネル ご加入はこちら 視聴方法 日本映画専門チャンネルはコチラ 鬼平犯科帳オンデマンド 時代劇専門チャンネル セレクト 若ショップ 時代劇専門チャンネルガイド誌 申し込み 法人契約に関するお問合せはこちら 放送時間のご注意

加入キャンペーン

  • スカパー!
  • スカパー!今なら加入料が0円 さらにWEB割で1,000円割引
  • スカパー!プレミアム
  • スカパー!プレミアムパックサービス
  • J:COM
  • J:COM タブレット端末実質0円
  • ひかりTV
  • ひかりTV

PR

  • 衛星放送協会
  • 不正視聴防止キャンペーン

スマートフォン版

スマートフォン版

PC版

PC版