ぺリーのちょんまげ

木枯し紋次郎

掲載2000年07月05日

(こがらしもんじろう) 1972年

 天涯孤独の渡世人、紋次郎。事件に巻き込まれ、不本意ながら長ドスを抜く。再び旅立つ紋次郎のくわえ楊枝から、木枯しのような音がする…。市川崑監督独自のリアルな映像と、当時、新人の中村敦夫の泥まみれの殺陣は斬新。大原麗子、原田芳雄らゲストも豪華。70年代に熱狂的に支持された名作。特別番組「中村敦夫の紋次郎5分劇場」では裏話も聞ける。
 ちなみに、冒頭タイトルバックを見ただけで「これは!」と思う人も多いはず。はるか山道を破れ三度笠で歩く紋次郎。その撮影だけで3ヶ月を要したという凝りよう。そこに流れる、上條恒彦の「だれかが風の中で」(現在は、トヨタのCMでもお馴染み)。誰も待っていない旅を続ける男が、自分に関わったり親切にした人を命がけで守る。戦えば戦うほど、男の孤独や悲しみが際立つ。70年代以降に生まれた世代にもぜひ見て欲しい傑作。原作は笹沢左保。

( 産経新聞掲載分に加筆 )

50音順リスト
  [あ行]   [か行]   [さ行]   [た行]   [な行]   [は行]   [ま行]   [や行]   [ら行]   [わ行]  

ペリー荻野プロフィール
ペリー荻野

1962年愛知県生まれ。大学在学中よりラジオのパーソナリティ兼原稿書きを始める。 「週刊ポスト」「月刊サーカス」「中日新聞」「時事通信」などでテレビコラム、「ナンクロ」「時代劇マガジン」では時代劇コラムを連載中。さらに史上初の時代劇主題歌CD「ちょんまげ天国」シリーズ全三作(ソニーミュージックダイレクト)をプロデュース。時代劇ブームの仕掛け人となる。

映像のほか、舞台の時代劇も毎月チェック。時代劇を愛する女子で結成した「チョンマゲ愛好女子部」の活動を展開しつつ、劇評・書評もてがける。中身は"ペリーテイスト"を効かせた、笑える内容。ほかに、著書「チョンマゲ天国」(ベネッセ)、「コモチのキモチ」(ベネッセ)、「みんなのテレビ時代劇」(共著・アスペクト)。「ペリーが来りてほら貝を吹く」(朝日ソノラマ)。ちょんまげ八百八町」(玄光社MOOK)「ナゴヤ帝国の逆襲」(洋泉社)「チョンマゲ江戸むらさ記」(辰己出版)当チャンネルのインタビュアーとしても活躍中。

視聴方法