ぺリーのちょんまげ

ついに登場!中村主水「暗闇仕留人」

掲載2001年08月31日

(くらやみしとめにん)

 テレビ時代劇の中でも最も熱いファンを持つシリーズといえば、なんといっても「必殺。」そのシリーズ「顔」ともいえるのが、藤田まこと演ずる「中村主水」
 必殺シリーズ第一弾の「必殺仕掛人」は、池波正太郎の原作「仕掛人梅安」に準じていたが、第二弾「必殺仕置人」は、テレビオリジナル。そこに飄々と登場したのが、中村主水であった。北町奉行所の同心で、職場では役にたたない昼行灯と呼ばれ、家では跡取りも作れない婿養子。嫁姑にへこへこした情けない男だが、実は、剣の達人。正義のためでなく、金のために許せない悪人を殺す、裏の顔を持っていた。
 喜劇で知られた藤田まことが殺し屋?とスタート当時は驚かれたが、番組が始まってすぐに、その俗っぽさ、世の中の裏表を知った皮肉っぽさ、何より「よく見ると怖い顔」が評判になった。ちなみに「中村主水」の名前は、「007」ジェームス・ボンドの語感から命名されたという。
 シリーズ第4弾「暗闇仕留人」は、ある事情により、番組名に「必殺」の文字が使われていない時期(74年)の放送で、中村主水、三味線のバチや仕込みの矢立てで相手を仕留める蘭学者の糸井貢(石坂浩二)、怪力で相手の心臓を握りつぶすというすごい技の持ち主・大吉(近藤洋介)が、闇の仕事をする。大吉の愛人・妙心尼(三島ゆり子)の色っぽいセリフ「なりませぬ」が流行語になった。

( 書き下ろし )

50音順リスト
  [あ行]   [か行]   [さ行]   [た行]   [な行]   [は行]   [ま行]   [や行]   [ら行]   [わ行]  

ペリー荻野プロフィール
ペリー荻野

1962年愛知県生まれ。大学在学中よりラジオのパーソナリティ兼原稿書きを始める。 「週刊ポスト」「月刊サーカス」「中日新聞」「時事通信」などでテレビコラム、「ナンクロ」「時代劇マガジン」では時代劇コラムを連載中。さらに史上初の時代劇主題歌CD「ちょんまげ天国」シリーズ全三作(ソニーミュージックダイレクト)をプロデュース。時代劇ブームの仕掛け人となる。

映像のほか、舞台の時代劇も毎月チェック。時代劇を愛する女子で結成した「チョンマゲ愛好女子部」の活動を展開しつつ、劇評・書評もてがける。中身は"ペリーテイスト"を効かせた、笑える内容。ほかに、著書「チョンマゲ天国」(ベネッセ)、「コモチのキモチ」(ベネッセ)、「みんなのテレビ時代劇」(共著・アスペクト)。「ペリーが来りてほら貝を吹く」(朝日ソノラマ)。ちょんまげ八百八町」(玄光社MOOK)「ナゴヤ帝国の逆襲」(洋泉社)「チョンマゲ江戸むらさ記」(辰己出版)当チャンネルのインタビュアーとしても活躍中。

視聴方法