ぺリーのちょんまげ

「雲霧仁左衛門祭り」山崎努の渋さが最高に活きた一本。池上季実子の変身ぶりとスペシャルトークも楽しみ。

掲載2002年04月05日

(くもきりにざえもんまつり)

 山崎努は最近、ビールのCMなどで「渋いのにコミカル」な面が浸透しているが、この「雲霧」では、渋さの本道を見せつけている。“犯さず、殺さず、貧しい者からは盗まず”の掟を守り、江戸から上方までの大仕事をしてのける大盗賊・雲霧仁左衛門。その手口は巧妙を極め、例えば一味の美女・七化けのお千代を堂々と大店の後妻に嫁がせ、後に盗むというロングラン&超大作だ。おかげで代々の火盗改めも手も足も出なかったが、ここで協力なライバルが登場した。火盗の新長官・阿部武部(中村敦夫)だ。正義のためならカッと熱くなるのは、中村敦夫にぴったり。
「わたしは丸裸になろうとも雲霧一味を捕らえてみせる!!」と宣言すると、いままでダレてた同心や密偵たちもやる気を出し、とうとう雲霧一味のしっぽをつかまえてしまう。
 しかし、そこで芋づる式にならないのが、雲霧。今度は火盗のひとりスパイに引きずり込み、阿部式部、雲霧と対立する凶悪盗賊団と対決することに...。
 ひたすら雲霧を慕うお千代のむせかえるほどの色香や、一味の小頭(石橋蓮司)のぞくっとする怖い顔など、キャストは豪華版。地上波では見られなかった雲霧最後の大勝負は必見。池上季実子のスペシャルインタビューでは、公家の女から女盗賊に早変わりするなど「お千代の世界」を堪能できる。画面から再び、むせかえる色香が...。お楽しみに!

( 書き下ろし )

50音順リスト
  [あ行]   [か行]   [さ行]   [た行]   [な行]   [は行]   [ま行]   [や行]   [ら行]   [わ行]  

ペリー荻野プロフィール
ペリー荻野

1962年愛知県生まれ。大学在学中よりラジオのパーソナリティ兼原稿書きを始める。 「週刊ポスト」「月刊サーカス」「中日新聞」「時事通信」などでテレビコラム、「ナンクロ」「時代劇マガジン」では時代劇コラムを連載中。さらに史上初の時代劇主題歌CD「ちょんまげ天国」シリーズ全三作(ソニーミュージックダイレクト)をプロデュース。時代劇ブームの仕掛け人となる。

映像のほか、舞台の時代劇も毎月チェック。時代劇を愛する女子で結成した「チョンマゲ愛好女子部」の活動を展開しつつ、劇評・書評もてがける。中身は"ペリーテイスト"を効かせた、笑える内容。ほかに、著書「チョンマゲ天国」(ベネッセ)、「コモチのキモチ」(ベネッセ)、「みんなのテレビ時代劇」(共著・アスペクト)。「ペリーが来りてほら貝を吹く」(朝日ソノラマ)。ちょんまげ八百八町」(玄光社MOOK)「ナゴヤ帝国の逆襲」(洋泉社)「チョンマゲ江戸むらさ記」(辰己出版)当チャンネルのインタビュアーとしても活躍中。

視聴方法