ぺリーのちょんまげ

「荒野の素浪人」三十郎の三倍強い!剣豪と泥棒見習いとガンマンの三人組が行く。ちょんまげ西部劇。

掲載2002年08月30日

(こうやのすろうにん) 1972年

 三船敏郎といえば、もちろん、黒澤映画の主演男優「世界のミフネ」として知られているが、テレビでは、映画とはひと味違ったユニークな活躍を見せる。
 そもそも「荒野の素浪人」の主人公・峠九十郎というキャラクター誕生のきっかけは、映画「用心棒」の桑畑三十郎や「椿三十郎」の“三十郎”の三倍強い、ことから命名されたという。名前を倍掛けする発想もすごいが、なんで「三倍」だったのか。二倍で六十郎も、四倍で百二十郎も、ゴロが悪いというのはわかるけど。その倍掛けネームを世界のミフネがオッケーと承諾したというのも、なかなかいい話だと思う。
 そんな九十郎がいかに強いか。それは一度に三人以上を殺傷するすごいオリジナル必殺剣「八方達磨返し」に現れる。この技、前を斬った瞬間、太刀を左手に持ちかえて、後ろを刺し、同時に右手の小刀で前のもうひとりを攻撃するという瞬間技。さすがに三船敏郎以外にできる技じゃない。
 この番組のもうひとつの魅力は、九十郎のふたりの相棒だ。忍術の心得があるらしき泥棒見習いの香具師の二郎吉(坂上二郎)と、五連発銃をぶっ放す“五連発の旦那”こと鮎香之介(大出俊)。宿場の悪と対決する三人にヒューッとからっ風が吹く。これはまさに西部劇。理屈抜きで楽しみたいシリーズ。

( 書き下ろし )

50音順リスト
  [あ行]   [か行]   [さ行]   [た行]   [な行]   [は行]   [ま行]   [や行]   [ら行]   [わ行]  

ペリー荻野プロフィール
ペリー荻野

1962年愛知県生まれ。大学在学中よりラジオのパーソナリティ兼原稿書きを始める。 「週刊ポスト」「月刊サーカス」「中日新聞」「時事通信」などでテレビコラム、「ナンクロ」「時代劇マガジン」では時代劇コラムを連載中。さらに史上初の時代劇主題歌CD「ちょんまげ天国」シリーズ全三作(ソニーミュージックダイレクト)をプロデュース。時代劇ブームの仕掛け人となる。

映像のほか、舞台の時代劇も毎月チェック。時代劇を愛する女子で結成した「チョンマゲ愛好女子部」の活動を展開しつつ、劇評・書評もてがける。中身は"ペリーテイスト"を効かせた、笑える内容。ほかに、著書「チョンマゲ天国」(ベネッセ)、「コモチのキモチ」(ベネッセ)、「みんなのテレビ時代劇」(共著・アスペクト)。「ペリーが来りてほら貝を吹く」(朝日ソノラマ)。ちょんまげ八百八町」(玄光社MOOK)「ナゴヤ帝国の逆襲」(洋泉社)「チョンマゲ江戸むらさ記」(辰己出版)当チャンネルのインタビュアーとしても活躍中。

視聴方法