ぺリーのちょんまげ

「木曽街道いそぎ旅」
山口崇が密命を帯びた渡世人成りゆきの辰に。
相棒の露口茂は「最高に無口に男を目指す

掲載2012年05月04日

(きそかいどういそぎたび) 出演者:山口崇/露口茂/町田祥子 ほか 1973年

 木曽街道で道連れとなった成りゆきの辰(山口崇)と、裏街道の銀次(露口茂)は、性格も生き方も“秘密”も正反対。陽気で人懐こい辰は、気風がよくて好奇心旺盛。「減らず口の辰、早耳の辰、すたこらの辰」ともあだ名される男だった。実はその正体は、無宿人を減らすために活動する勘定奉行配下の吟味方改役・堀越三四郎だった。一方、めったに口をきかないが、どんないかさまでも見破る銀次は、元堅気の男だったが、婚礼の日に花嫁お篠乃(加賀まりこ)に逃げられた過去を持つ。二人は、街道で出会うさまざまな人間たちにまつわる事件を彼らなりのやり方で解決。本来なら、無宿人を減らす役割の辰が、彼らを見逃し、「減らすどころか増やしちまった…」などと反省している点が面白い。

名番組「天下御免」で平賀源内を演じるなど、「これまで歴史上の人物の役が多かった」という山口崇は、渡世人役で主演するのはこれが初めてで、73年当時同じ枠で放送された「木枯し紋次郎」をかなり意識していたという。興味深いのは、72年スタートの刑事ドラマ「太陽にほえろ!」で渋い山村刑事で人気の露口茂は、当時「三枚目で売り出したいと事務所と話し合っていたときにこの役が来た」と語り、演じるからには「最高に無口な、ニヒルな」男を目指したという。三枚目も見たかったが、さすが銀次役にはぴったり!

「木曽街道いそぎ旅 」 ⇒放送スケジュール ( 書き下ろし )

50音順リスト
  [あ行]   [か行]   [さ行]   [た行]   [な行]   [は行]   [ま行]   [や行]   [ら行]   [わ行]  

ペリー荻野プロフィール
ペリー荻野

1962年愛知県生まれ。大学在学中よりラジオのパーソナリティ兼原稿書きを始める。 「週刊ポスト」「月刊サーカス」「中日新聞」「時事通信」などでテレビコラム、「ナンクロ」「時代劇マガジン」では時代劇コラムを連載中。さらに史上初の時代劇主題歌CD「ちょんまげ天国」シリーズ全三作(ソニーミュージックダイレクト)をプロデュース。時代劇ブームの仕掛け人となる。

映像のほか、舞台の時代劇も毎月チェック。時代劇を愛する女子で結成した「チョンマゲ愛好女子部」の活動を展開しつつ、劇評・書評もてがける。中身は"ペリーテイスト"を効かせた、笑える内容。ほかに、著書「チョンマゲ天国」(ベネッセ)、「コモチのキモチ」(ベネッセ)、「みんなのテレビ時代劇」(共著・アスペクト)。「ペリーが来りてほら貝を吹く」(朝日ソノラマ)。ちょんまげ八百八町」(玄光社MOOK)「ナゴヤ帝国の逆襲」(洋泉社)「チョンマゲ江戸むらさ記」(辰己出版)当チャンネルのインタビュアーとしても活躍中。

視聴方法