ペリーのちょんまげ ペリーのちょんまげ

掲載2021年07月23日

「丹下左膳 飛燕居合斬り」
百万両の壺を追え!! 林不忘の人気作を中村錦之助×五社英雄で映像化。
大友柳太朗の大岡越前、鉄火姐御お藤の淡路恵子、盗賊藤岡琢也と多彩な顔ぶれも見もの

(たんげさぜん ひえんいあいきり ) 出演者:中村錦之助/木村功/淡路恵子/入江若葉/丹波哲郎/大友柳太朗 ほか 1966年

掲載2021年07月23日

丹下左膳 飛燕居合斬り
「丹下左膳 飛燕居合斬り 」
©東映

 八代将軍吉宗の治世。裏で暗躍する愚楽老人(河津清三郎)は柳生藩取り潰しを狙って、日光東照宮改修を命じる。困った柳生但馬(丹波哲郎)は家宝「こけ猿の壺」に秘められた百万両で資金を賄うことを決意。だが、壺はひょんなことからチョビ安(金子吉延)の手に。壺を巡って柳生源三郎(木村功)、盗賊のお藤(淡路恵子)、与吉(藤岡琢也)、さらに公儀隠密の争奪戦が繰り広げられる中、その渦の中心に、愛刀濡れ燕と飛燕居合斬りで悪を討つ隻眼隻手の剣士・丹下左膳(中村錦之助)が現れる!

 ご存知、林不忘の人気作を錦之助主演、フジテレビの五社英雄演出で映像化。五社起用の理由は、テレビ「三匹の侍」で見せたスピード感と予算内で作り上げる新感覚の画と言われるだけに、お藤が走りながら帯を解き、肌襦袢一枚になって敵の目を惹きつけたり、「俺から離れるんじゃねえ」と与吉に声をかけながら、次々と敵を倒す左膳を斜め下から狙うシーンなど、五社テイストが随所に見られる。また、かつて左膳を演じた大友柳太朗が町奉行大岡越前として登場。「おぬしのような化け物が江戸にいては、御用が務まるか心もとない」などと左膳に語り掛け、いい味を出す。可憐な許嫁(入江若葉)がいた左膳の過去も明らかになるが、なんといっても下緒を口にくわえてすっと刀を抜く時の錦之助の色っぽさがたまらない。強敵(天津敏)との対決はみどころ。

掲載2021年07月16日

「喧嘩安兵衛 決闘高田ノ馬場」
高橋英樹が悩みながら自分の道を見つける若き日の堀部(中山)安兵衛を豪快に演じる
田村高廣、南田洋子、下條正巳、堀ちえみ、萬田久子ら共演の笑って泣ける人情ストーリー

(けんかやすべえ けっとうたかだのばば ) 出演者:高橋英樹/田村高廣/萬田久子/南田洋子/堀ちえみ/下條正巳/森川正太/浅香光代/品川隆二 ほか 1989年

掲載2021年07月16日

喧嘩安兵衛 決闘高田ノ馬場
「喧嘩安兵衛 決闘高田ノ馬場 」
©ユニオン映画

 大酒飲みで喧嘩好きの中山安兵衛(高橋英樹)は、三国峠で父の仇討ちを果たすが、敵方の中津川(浜田晃)と斬り合い、負傷。助けてくれたのは菅野六郎左衛門(田村高廣)だった。妻(南田洋子)と二人暮らしの菅野は「自分を叔父と思ってくれ」と言うが、人助けのため暴れた安兵衛は、菅野に迷惑をかけないため、長屋暮らしを始める。ある日、こどもを人質にした悪浪人を目撃した安兵衛は、ふんどし姿になって近づき、浪人を撃退。その姿を見た赤穂藩士・堀部弥兵衛(下條正巳)は、安兵衛が愛娘(堀ちえみ)の恋する相手だと知り、「親のわしが申すのもなんじゃが、申し分ない娘じゃ」と縁組を勝手に決定。が、そこへ魚屋と青物屋のケンカが勃発。「お前らがケンカしたら、みんなの晩飯はどうなる」と仲裁した安兵衛は、「喧嘩屋のだんな」と呼ばれるようになる。ある晩、安兵衛は若侍三人の暗殺を遂げた中津川を見つけた。藩で不正を続ける村上(品川隆二)の魔の手は菅野の身に。安兵衛は、恩人の危機を知り、高田馬場へと走る。

 田村高廣は、安兵衛を当たり役とした阪東妻三郎の長男。死を覚悟した菅野と妻の別れ、安兵衛を一途に思うおこま(萬田久子)の願いが胸を打つ。一方、浅香光代ら長屋の連中や弥兵衛とのやりとりは大いに笑える。出だしと結末は、堀部安兵衛が活躍した赤穂浪士の討ち入り話。田中徳三監督が、コミカルで豪快な高橋英樹の魅力を存分に引き出した痛快作。

掲載2021年07月09日

「ご存知!旗本退屈男Ⅸ 天下御免の巨悪斬り!大江戸に史上最大の危機迫る 花に嵐か?競艶三人の美女!」
豊臣残党が南の国に!?北大路欣也の退屈のお殿様がついに海を渡って悪と対決!
多岐川裕美、美保純、伊藤かずえら美女との関わりもみもの

(ごぞんじ!はたもとたいくつおとこ 9 ) 出演者:北大路欣也/堺正章/五十嵐いづみ/長門裕之/多岐川裕美/伊藤かずえ/美保純/林隆三/夏八木勲 ほか 1994年

掲載2021年07月09日

ご存知!旗本退屈男 Ⅸ
「ご存知!旗本退屈男 Ⅸ」
©東映

 将軍綱吉(長門裕之)から「天下御免」の赦しを得て、自由気ままに生きる旗本・早乙女主水之介(北大路欣也)。綱吉病気の知らせに駆けつけてみると、伊達家の八重姫(多岐川裕美)との縁談を勧められてしまう。だが、密かに伊達藩謀反のウワサの真偽を確認するよう頼まれた主水之介は、八重姫一行と用人の笹尾喜内(堺正章)と北へ向かう。そんな折、幕府転覆を狙う豊臣の残党は、紀伊国屋文左衛門(名古屋章)のもとに集結。主水之介も大坂の陣で死んだはずの豊臣秀頼生存説を耳にする。そこに見え隠れする謎の老人・石部帯刀(夏八木勲)。さらに主水之介の剣の友(林隆三)もからんで、事件の舞台は南の国へ。そこは豊臣の残党が流れ着き、再起を図っているとのことだったが......。

 かつて市川右太衛門の主水之介と堺駿二の喜内という名コンビをそれぞれ息子である北大路と堺正章が引き継いだ人気シリーズ。北大路のおおらかさはドラマを明るくする。今回はとにかくスケールのでかい物語。トレードマークでもある派手な着流し姿で気軽に海外(!)に渡ってしまう主水之介は、さすが「退屈のお殿様」。悲劇の姫の多岐川裕美、旅の供となる伊藤かずえ、南の島の娘役の美保純ら美女たちとの出会いや、一瞬にして奇怪な早替わりを見せ、意外な正体を語る夏八木の熱演にも注目。主水之介の「諸羽流正眼崩し」が冴えわたる。

掲載2021年07月02日

「引っ越し大名!」
星野源が引きこもりなのに「引っ越し奉行」になっちゃった
実際にあった大名の引っ越しを笑いと涙と恋とチャンバラで描く土橋章宏原作映画

(ひっこしだいみょう! ) 出演者:星野源/高橋一生/高畑充希/小澤征悦/濱田岳/西村まさ彦/松重豊/及川光博 ほか  2019年

掲載2021年07月02日

引っ越し大名!
「引っ越し大名! 」
©2019「引っ越し大名!」製作委員会

 姫路藩は、突然、幕府に姫路から大分に国替え(引っ越し)を命じられた。藩士と家族、猫まで引っ越す費用は約二万両かかるが、藩にあるのはたった三千両。そんな大事の総責任者「引っ越し奉行」を命じられたのは、引きこもりの書庫番藩士・片桐春之介(星野源)だった。逃げ腰の春之介だが、体力だけはある幼なじみ(高橋一生)、前引っ越し奉行の娘で片付けのプロ(高畑充希)らと必死に働き、大きな犠牲を払う決断もする。そして、理不尽な幕府に怒り、「これは戦」と位置づけ、思い切った作戦を編み出していく。

 原作・脚本は「超高速!参勤交代」の土橋章宏、監督は「のぼうの城」の犬童一心、主題歌はユニコーン。共演に松重豊、小澤征悦、濱田岳など。及川光博の殿様も面白い。驚くのは、この引越しが史実ということ。痛快コメディだが、一大事の裏で泣いた人の思いも拾った脚本があたたかい。星野は、春之介が得意なそろばんも特訓。ペリーは公開時にインタビューした。「偉いからって特別扱いはダメ」と平等を大切にする春之介の人物像に惚れ込み、「こういう人いるいると思ってもらえるよう心掛けた」という言葉が印象的だった。クライマックスには、春之介のほのかな恋物語や、野村萬斎振付・監修の「引っ越し唄」、チャンバラもあり、見せ場が続く。高橋一生の大暴れが気持ちいい。当初、こどものような形の春之介のマゲは、奉行として成長すると変化するので要チェック。

掲載2021年06月25日

「利休」
監督・勅使河原宏、武満徹の音楽と西岡善信の美術が輝く
秀吉に信頼されながら、切腹した利休。三國連太郎が権力に屈しない茶人を演じた話題作

(りきゅう ) 出演者:三國連太郎/山崎努/三田佳子/岸田今日子 ほか  1989年

掲載2021年06月25日

利休
「利休」
©1989 松竹株式会社

 天正10年。利休(三國連太郎)が茶頭として仕えてきた織田信長(九代目・松本幸四郎)は、本能寺の変で自刃。数年後、権力を手にした豊臣秀吉(山崎努)に召し抱えられた利休は、卓越した技量とセンスで多くの大名を魅了していく。秀吉から「公儀のことは弟の秀長(田村亮)に、内内のことは利休に」と言われるほど信頼を得た利休だったが、石田三成(五代目・坂東八十助)が頭角を現したころから、少しずつ秀吉との関係が揺らぎ始める。利休の愛弟子・宗二は所払いにされた末に殺され、さらに三成は、利休が秀吉の朝鮮出兵に疑念を抱いていると秀吉に告げ口。茶室で向き合った利休に秀吉は、「不届きもの!面も見たくない。失せろ!!」と怒りまくる。北政所(岸田今日子)と利休の妻・りき(三田佳子)らの思いもからみ、引くに引かれぬ事態となり、利休には切腹の命が下る。

 茶室に一輪の白い花を飾るために、庭の花々をすべて切り捨てた利休。三國は美に徹し、権力に屈しないアーティストの顔をみせる。一方、「お前の指一本で花も器も姿を変える...」と利休をにらむ秀吉。山崎努は、着飾っても野卑を感じさせる秀吉を見事に作り上げた。三田、岸田とともに、秀吉の子を産み、どこか達観して世を見つめる茶々(山口小夜子)の美しさには迫力がある。監督・勅使河原宏、脚本・赤瀬川原平と勅使河原宏、武満徹の音楽と西岡善信の美術が輝く。絢爛豪華な衣装デザインは『乱』(1985年)でアカデミー賞を受賞したワダエミ。勅使河原は、劇中のいけばなも担当。モントリオール世界映画祭最優秀芸術賞、ベルリン映画祭フォーラム連盟賞受賞作。

ペリー荻野プロフィール
ペリー荻野

1962年愛知県生まれ。大学在学中よりラジオのパーソナリティ兼原稿書きを始める。 「週刊ポスト」「月刊サーカス」「中日新聞」「時事通信」などでテレビコラム、「ナンクロ」「時代劇マガジン」では時代劇コラムを連載中。さらに史上初の時代劇主題歌CD「ちょんまげ天国」シリーズ全三作(ソニーミュージックダイレクト)をプロデュース。時代劇ブームの仕掛け人となる。

映像のほか、舞台の時代劇も毎月チェック。時代劇を愛する女子で結成した「チョンマゲ愛好女子部」の活動を展開しつつ、劇評・書評もてがける。中身は"ペリーテイスト"を効かせた、笑える内容。ほかに、著書「チョンマゲ天国」(ベネッセ)、「コモチのキモチ」(ベネッセ)、「みんなのテレビ時代劇」(共著・アスペクト)。「ペリーが来りてほら貝を吹く」(朝日ソノラマ)。ちょんまげ八百八町」(玄光社MOOK)「ナゴヤ帝国の逆襲」(洋泉社)「チョンマゲ江戸むらさ記」(辰己出版)当チャンネルのインタビュアーとしても活躍中。