ペリーのちょんまげ ペリーのちょんまげ

掲載2020年02月14日

「タイムスクープハンター ~"忍者" その真の姿とは~」
未来の記者が歴史の真実に迫るドキュメンタリー風ドラマ
見つける!追う!撮る!気になる時代のリアルな生活や事件の裏側がわかるかも!?

(たいむすくーぷはんたー ~“にんじゃ” そのしんのすがたとは~ ) 出演者:要潤 2009年

掲載2020年02月14日

タイムスクープハンター ~
「タイムスクープハンター ~"忍者" その真の姿とは~ 」
©NHK

 未来の記者が、タイムワープ技術を駆使して、歴史的現場に急行。教科書に載らない"名もなき人々"に密着し、歴史の真実に迫る。切り口の斬新さやドキュメンタリータッチのスタイリッシュな映像で注目され、人気を博した「タイムスクープハンター」。主人公、タイムスクープ社の時空ジャーナリスト・沢嶋雄一を演じるのは要潤だ。

 「同心」「関所」「闘茶」など扱うテーマは多彩。「"忍者" その真の姿とは」では人里離れた山中で「セヤ!」の声とともに鍛錬を重ね、農民や行商人の姿になって巧みに天気を予測しながら、各地を行き来する忍者を追う。彼らは独自の食糧"忍者丸"を所持し、忍びの文字で連絡をとりあうなど高度な技術を持つ。沢嶋は、敵方の屋敷から城の設計図を盗む指令を受けた三人の忍者に密着。沢嶋が走れば、手撮りカメラも揺れ、夜になれば暗視カメラで緑色に見えたりする。TSH(タイムスクープハンター)の映像は、ブレも明度も、沢嶋の息遣いもリアルそのもの。もちろん、雨が降っても雪が降っても取材は続行だ。時空ジャーナリストが持つ、ゴーグル型のデジタル・アーカイブ・システムやフリーズガン、手首に装着するアブソリュート・タイム・ウッッチなど、高性能備品にも興味がわく。

 実際の撮影もオールロケでリアリティとアクション重視のため、要の衣装はしばしば修復がいるほどだったという。歴史のリアルなサイズ、空気を記者とともに体験したい。

掲載2020年02月07日

「そろばん侍 風の市兵衛」
向井理が経理チェックと剣の腕でスカッとお悩み解決
心中、敵討ち、不正、裏金...お金から始まる事件の真相を追え!

(そろばんざむらい かぜのいちべえ ) 出演者:向井理/原田泰造/橋本マナミ/渡辺いっけい/筒井道隆/山本千尋 ほか  2018年

掲載2020年02月07日

そろばん侍 風の市兵衛
「そろばん侍 風の市兵衛 」
©NHK

 文政期。長身の二枚目、唐木市兵衛(向井理)は、口入屋「宰領屋」(渡辺いっけい)に紹介された武家や商家に期間限定で雇われる経営コンサルタント「渡り用人」として働く。実は市兵衛の兄はやり手の筆頭目付・片岡信正(筒井道隆)なのだが、わけあって家を出た過去があるのだった。お金にまつわる相談を受ける市兵衛は、その裏に深い闇がからんでいることを探り出す。時に命まで狙われる雇い主を守るため、市兵衛は「風の剣」と呼ばれる剣の腕で立ち向かう。

 原作は辻堂魁の人気小説。三つのエピソードが三話ずつ三人の脚本家によって描かれる。大河ドラマ「麒麟がくる」の脚本家・池端俊策による第一部では、遊女と心中し、借金を遺した武士の未亡人(村川絵梨)と息子(鈴木福)を助ける市兵衛。その心中の裏には、奇怪な商人や天文方の侍、さらには異国の気配まで...。「父上のご無念を晴らしたい」という鈴木の一途な姿が胸を打つ。また、最終話では幕府上層部まで巻き込む大事件に兄弟で挑むことになる。みどころのひとつは常に冷静沈着な市兵衛が見せる「風の剣」。リーチの長さを活かし、しなやかに伸びる剣が敵を討つ。口の悪い町奉行所同心の鬼渋(原田泰造)とは同じ事件を追うことが多い市兵衛だが、なぜかともに風呂に入る場面も。異国の女殺し屋(アクション女優・山本千尋)との最終決戦もみもの。

掲載2020年01月31日

「帰郷」
仲代達矢が30年にわたり熱望した藤沢周平の傑作短篇がついに映像化!
杉田成道監督が信州・木曾福島ロケで撮った圧巻の映像美にも注目。

(ききょう) 出演者:仲代達矢 常盤貴子 北村一輝 緒形直人 佐藤二朗/三田佳子/ 橋爪功 中村敦夫 2019年

掲載2020年01月31日

帰郷
「帰郷 」
©「帰郷」時代劇パートナーズ

 かつて親分の罪を被って、信州・木曾福島から江戸に出た博奕打ちの宇之吉(仲代達矢)。しかし、世話になった相州屋清五郎の妻・おとしと深い仲になり、江戸を出奔した。そして30年。病に倒れ老い先短いことを悟った宇之吉はひとり故郷へと舞い戻る。そこには十人の荒くれと斬りあう男、源太(緒形直人)がいた。源太は愛した女・おくみ(常盤貴子)を巡るいさかいに巻き込まれていたのだ。その姿に過去の自分を重ねた宇之吉は、昔の仲間から衝撃的な事実を聞かされる。そして宇之吉は命を賭けた勝負に出る。

 「帰郷」は、藤沢周平の傑作短篇に惚れこんだ仲代達矢が、実に30年にわたって、映像化を望んだ作品。製作には仲代の想いに共鳴した常盤貴子、北村一輝、緒形直人、佐藤二朗、田中美里、前田亜季、三田佳子、橋爪功、中村敦夫ら豪華な共演者に京都の時代劇熟練スタッフが揃った。演出は国民的ドラマ「北の国から」の杉田成道。音楽は加古隆。信州・木曾福島の雄大な自然の中でロケを敢行。仲代は現場取材で「走ったりチャンバラもあるが、『本番!』の声を聞くと、腰の痛みも忘れる」とユーモアを交えて主演の喜びを語った。世界最大のコンテンツ見本市フランスMIPCOMでのアジア作品初となるワールドプレミア上映や、第32回東京国際映画祭特別上映で世界が認めるところとなった。日本を代表する名優の熱演と圧巻の映像美に注目したい。

掲載2020年01月24日

「江戸城大乱」
独裁の大老VS桂昌院。徳川家後継ぎ問題で壮絶な争いが勃発!
松方弘樹、三浦友和、十朱幸代とともにカギとなる徳川綱吉役で坂上忍が出演

(えどじょうたいらん ) 出演者:松方弘樹/十朱幸代/神田正輝/池上季実子/坂上忍/野村真美/丹波哲郎/三浦友和 ほか  1991年

掲載2020年01月24日

江戸城大乱
「江戸城大乱 」
©1991フジテレビジョン・東映

 延宝八年。幕府大老・酒井雅樂頭忠清(松方弘樹)は、江戸城で徳川光圀(丹波哲郎)、徳川光友(金子信雄)らとの話し合いに向かっていた。四代将軍・徳川家綱(金田賢一)が病弱で跡取りも定まっておらず、万が一のために早急に五代将軍候補を確定するためであった。独裁的な権力を持つ酒井は、家綱の弟・綱重(神田正輝)を推挙し、それで決まりかけたが、堀田備中守正俊(三浦友和)が出迎える最中、綱重は殺されてしまった。一方、三代将軍・家光の子、綱吉(坂上忍)を生んだ桂昌院(十朱幸代)は、我が子を将軍にと画策。堀田とともに酒井と対決する覚悟を決める。江戸城の内外で勢力争いが繰り広げられる中、ついに家綱が息を引き取った。その遺言では甲府の綱豊を後継ぎに指名したとされるが、桂昌院は疑いを持つ...。

 徳川家の内紛をダイナミックに解釈するのは、東映映画陣の得意技。史実で老中首座から大老となり、権力のトップに君臨したとされる酒井を松方弘樹が豪快に演じた。注目は、大物酒井に対抗するため、必死に戦うことになる堀田役の三浦友和。また、桂昌院の十朱幸代は映画「女帝 春日局」でも貫禄を見せており、ここでも戦う女の強さを見せつける。監督は「動天」の舛田利雄。音楽は池辺晋一郎。主題歌を崎谷健次郎がメロウに歌い上げているのも時代を感じさせる。

掲載2020年01月17日

「ゴルフ夜明け前」
坂本龍馬・陸奥陽之助と近藤勇・沖田総司がまさかのゴルフ対決! 
龍馬暗殺、鳥羽伏見の戦いなど史実も盛り込まれた桂三枝(現・文枝)原作の異色作

(ごるふよあけまえ ) 出演者:渡瀬恒彦/高橋惠子/太平シロー/桂文珍 1987年

掲載2020年01月17日

ゴルフ夜明け前
「ゴルフ夜明け前 」
©1987 東宝

 幕末。坂本龍馬(渡瀬恒彦)は、寺田屋で急襲を受け、おりょう(高橋惠子)となんとか危機を脱する。その後、長崎の商人・グラバーから武器を買い付けた龍馬はゴルフを教わり、面白さに魅了される。外交に使えると考えた龍馬は陸奥陽之助(佐藤B作)と新選組の近藤勇(桂三枝:現・文枝)、沖田総司(橋爪淳)とゴルフ対決。近藤はルールを説明されても「わからん」と苦い顔。龍馬から「ハンディを」と言われると、「それではこちらが弱いということになる」「誠の旗に傷がつく」などと言い出し、沖田を困らせるのだった。

 桂三枝(現・文枝)原作の人気創作落語を「ウルトラマン」の佐々木守が脚色。土方歳三に西川のりお、西郷隆盛に西川きよしと吉本の人気者が多数出演した。中でも「逃げの小五郎」こと桂小五郎は、あまりにズタボロ変装で島田紳助とはわからないほど。渡瀬の龍馬は、「ええ気分じゃのう」「サンクユー」と明るさと押しの強さが同居。おりょうにパンツをはかせようとしたり、西洋ではこれが一番と熱烈キスをしたり、スケベな顔と愛嬌を見せる。ゴルフ場では和やかだった面々だが、やがて対立。岩崎弥太郎が「あんたをペガサスにしてみせるぜよ」と応援した龍馬暗殺シーンはやはり悲しい。鳥羽伏見の開戦後、近藤と沖田が再びゴルフ場に立った時の会話も時代を象徴する。名言迷言満載の異色幕末映画。

ペリー荻野プロフィール
ペリー荻野

1962年愛知県生まれ。大学在学中よりラジオのパーソナリティ兼原稿書きを始める。 「週刊ポスト」「月刊サーカス」「中日新聞」「時事通信」などでテレビコラム、「ナンクロ」「時代劇マガジン」では時代劇コラムを連載中。さらに史上初の時代劇主題歌CD「ちょんまげ天国」シリーズ全三作(ソニーミュージックダイレクト)をプロデュース。時代劇ブームの仕掛け人となる。

映像のほか、舞台の時代劇も毎月チェック。時代劇を愛する女子で結成した「チョンマゲ愛好女子部」の活動を展開しつつ、劇評・書評もてがける。中身は"ペリーテイスト"を効かせた、笑える内容。ほかに、著書「チョンマゲ天国」(ベネッセ)、「コモチのキモチ」(ベネッセ)、「みんなのテレビ時代劇」(共著・アスペクト)。「ペリーが来りてほら貝を吹く」(朝日ソノラマ)。ちょんまげ八百八町」(玄光社MOOK)「ナゴヤ帝国の逆襲」(洋泉社)「チョンマゲ江戸むらさ記」(辰己出版)当チャンネルのインタビュアーとしても活躍中。