ペリーのちょんまげ ペリーのちょんまげ

掲載2019年09月13日

【宮部みゆき劇場スペシャル】「荒神 KOUJIN」
突如現れた怪物が村人を襲う!宮部みゆき原作の衝撃的時代劇
人間の業と哀しみが、最新のVFXで表現された壮大なスケールの話題作

(こうじん) 出演者:内田有紀/平岳大/平岡祐太/柳沢慎吾/前田亜季/田中要次/加藤雅也/柴俊夫/大地康雄 ほか 2018年

掲載2019年09月13日

荒神 KOUJIN
「荒神 KOUJIN 」
©NHK

 関ヶ原の戦いから約百年後の元禄時代。東北の小さな村が一夜のうちに壊滅するという事件が起きる。荒れ果てた村から傷だらけになった少年が、朱音(内田有紀)の住む村に逃げてくる。少年は恐ろしい怪物を見たという。容赦なく人間を喰らうという怪物の恐怖におびえながらも、朱音と浪人の榊田宗栄(平岡祐太)、絵師の菊地圓秀(柳沢慎吾)らは、対策を考える。やがて、その怪物の封印を解いたのが、「どうしてもそれが見たくなって」という圓秀ではとの疑いが浮上。一方、朱音の兄で藩の重臣・曽谷弾正(平岳大)は、怪物を操り、自らの野望を達成しようと企む。やがて怪物は、人間の反撃などお構いなしに襲撃を始める。兄の悪事を知った朱音は「兄様は何をするおつもりですか」と迫るが、弾正は聞く耳を持たない。そして目の前に迫る怪物に対して、朱音は「私を殺してください」「あの怪物はわたしの子どもです」と告白する。彼女の悲惨な過去と秘密に怪物はどうかかわるのか...。

 原作は宮部みゆき。最新のVFXを用いて表現された怪物はリアルで怖い。内田有紀は知的なおとなの女性としての魅力と、少女のような純真さを表現。それゆえに怪物誕生の秘密が明かされる過程には、深い悲しみが漂う。また、隻眼で野心満々の弾正には、歪んだ感情と深い怒りがうかがえる。前田亜季、加藤雅也、大地康雄、角替和枝らキャストも充実。

掲載2019年09月06日

「長崎しぐれ坂-榎本滋民作『江戸無宿』より-('05年星組 宝塚大劇場)」
江戸神田から長崎に流れ、再会したおさななじみ三人の悲しい運命。
轟悠、湖月わたる、檀れいの共演と出島の異国情緒、江戸っ子の気質も見もの。

(ながさきしぐれざか -えのもとしげたみさく「えどむしゅく」より-('05ねんほしぐみ たからづかだいげきじょう)) 出演者:轟悠/湖月わたる/檀れい ほか  2005年

掲載2019年09月06日

長崎しぐれ坂-榎本滋民作「江戸無宿」より-('05年星組 宝塚大劇場)
「長崎しぐれ坂-榎本滋民作「江戸無宿」より-('05年星組 宝塚大劇場) 」
©宝塚歌劇団 ©宝塚クリエイティブアーツ 榎本滋民作「江戸無宿」より

 伊佐次(轟悠)と卯之助(湖月わたる)は、神田明神の氏子で、祭りを楽しみにしていた幼なじみ。しかし、伊佐次は凶状持ちとなって、幕府の捜査が及ばない長崎の出島・唐人屋敷に逃げ込み、  卯之助は長崎奉行の手先となって、自分の手で伊佐次を捕縛しようと決心していた。そんなところにふたりをよく知るおしま(檀れい)がやってくる。おしまは堺の有力者の囲い芸者になっていた。運命に導かれるように再会した三人。しかし、昔のようにつきあうことはかなわない。そんな中、伊佐次の子分で無宿者らしゃ(安蘭けい)が、騙されて襲われ、恋人芳蓮(白羽ゆり)の前でこと切れる。命に限りがあることを悟った伊佐次は、危険を承知でおしまと江戸へ戻る決心をするが、待ち合わせの場所におしまは来なかった...。

 原作は榎本滋民の戯曲「江戸無宿」。唐人の可愛らしい娘たち、和洋折衷の衣装、「どぎゃんしたと?」「生きてはいかれんとよ」など長崎言葉の恋人たちの会話など、出島ならではの異国情緒とともに、伊佐次らが「神田囃子が聞こえる...」と回想する華やかな祭りの場面、祭り装束のいなせな江戸っ子気質など、見せ場も多数。「囲いの中でしか生きていかれない」無宿者と金に縛られるおしまはどこか似た者同士なのか...。男と女の哀しみにしぐれ雨が降り注ぐ。無宿者役で真飛聖、涼紫央、柚希礼音も出演している。

掲載2019年08月30日

「コメディー お江戸でござる【セレクション放送】」
人情喜劇と歌と杉浦日向子おもしろ講座の三部構成で、気分は江戸時代にタイムスリップ!
伊東四朗ら芸達者な役者の絶妙な演技とともにセット転換など裏側もすごい

(こめでぃー おえどでござる【せれくしょんほうそう】 ) 出演者:伊東四朗/野川由美子/栗田貫一/桜金造/香西かおり/杉浦日向子 ほか  1995年

掲載2019年08月30日

コメディー お江戸でござる【セレクション放送】
「コメディー お江戸でござる【セレクション放送】」
©NHK

 平成のお茶の間に楽しい笑いを届けた人気番組「コメディー お江戸でござる」。内容は、江戸時代、隣近所と親しく付き合い、助け合って生きた庶民の姿をモデルに、当時の豊かな文化と人情を織り込んだ「芝居」と、江戸情緒を感じさせるオリジナルソングを女性歌手が聴かせる「歌」、さらに芝居のテーマにちなんだ江戸の実情を語る江戸風俗研究家の杉浦日向子による「おもしろ江戸ばなし」の三部構成。座長の伊東四朗をはじめ、桜金造、重田千穂子、魁三太郎、野川由美子ら舞台経験豊富な役者たちが、さまざまな役柄で笑わせる。中でもえなりかずきは、やたら賢い小僧役でおとな顔負けのコメディセンスを見せ、評判になった。また、ゲストに小松政夫も出演し、伊東×小松の名コンビ復活!のお楽しみもある。

芝居のタイトルは「紙は天下の回り物」「情けは恋のためならず」など有名なフレーズのパロディが多く、たとえば第三話「目には青葉 山ほととぎす 人は見栄」では、高額の「初物」に憧れる見栄っ張りの江戸っ子の騒動が描かれる。最後の「おもしろ江戸ばなし」では、伊東四朗座長が、杉浦に「今回のお話では...」と、芝居の中で史実と異なる点を指摘してもらうのも定番だった。なお、毎回本物の舞台仕立てのセットで、場面転換も観客の前で、すべて手作業で途切れることなく進められるのは、この番組ならでは。裏側の高度な技術にも注目したい。

掲載2019年08月23日

「柳生武芸帳」
鶴田浩二×三船敏郎が、天下を揺るがす「柳生武芸帳」を追う!
姫との禁じられた恋、渦巻く陰謀、大乱闘の末、武芸帳の行方は...

(やぎゅうぶげいちょう ) 出演者:三船敏郎/鶴田浩二/久我美子/香川京子/岡田茉莉子 ほか  1957年

掲載2019年08月23日

柳生武芸帳
「柳生武芸帳 」
©1957 東宝

 昭和を代表する映画スター、三船敏郎と鶴田浩二の共演、五味康祐の原作小説を「宮本武蔵」「無法松の一生」の稲垣浩が監督、音楽を「ゴジラ」の伊福部昭が担当した活劇。

 三代将軍・家光(岩井半四郎)の治世、徳川の世を揺るがす秘事が記された「柳生武芸帳」は、藪大納言家と柳生家、鍋島家に一巻ずつ所蔵されていた。肥前の忍者一族の浮月斎(東野英治郎)は、霞の忍者・大月多三郎(三船敏郎)、千四郎(鶴田浩二)に武芸帳を奪うよう命じる。千四郎は江戸の柳生屋敷を探り、多三郎は鍋島家の一巻を託された夕姫(久我美子)の動きも阻止しようとするが、あろうことか多三郎は、夕姫に恋してしまうのであった。そんな中、夕姫は江戸に現れ、大久保彦左衛門(左卜全)が手にした大納言家の巻を狙うことに。柳生宗矩(大河内伝次郎)率いる柳生一族と夕姫一党は大乱闘となる。

 もみあげもたっぷりで男らしさと人間味を出す三船の多三郎と、きりりとした二枚目の存在感を崩さない鶴田の千四郎。森の霞の中にシルエットで浮き出るふたりの影。東宝の看板俳優時代の鶴田は、美男ぶりを輝かせている。外見も生き方も対照的なふたりが敵方との戦いに挑む姿は、活劇ならではの面白さ。忍びの者と武芸の柳生の屋根の上での対決など、多彩な闘いが繰り広げられる。夕姫のりりしい美しさも際立つ。ラストシーン、激流に浮かぶいかだに乗る姫の表情にも注目したい。

掲載2019年08月16日

「JIN-仁-」('12年雪組 宝塚大劇場)
村上もとかの人気原作を宝塚で舞台化!幕末の緊迫の中で命を救う現代人の外科医の運命
人間ドラマと華麗な演出、音月桂と舞羽美海の退団公演としても注目された雪組公演

(じん('12ねんゆきぐみ たからづかだいげきじょう) ) 出演者:音月桂/舞羽美海/早霧せいな/北翔海莉 ほか  2012年

掲載2019年08月16日

JIN-仁-('12年雪組 宝塚大劇場)
「JIN-仁-('12年雪組 宝塚大劇場) 」
©宝塚歌劇団 ©宝塚クリエイティブアーツ 原作:村上もとか/集英社

 大学病院の脳外科医・南方仁(音月桂)は、高度な技術で信頼も厚く、「神の手」とも称されている。しかし、彼は最愛の人を救えなかったことで心に深い痛みを抱えているのだった。ある日、身元不明の急患が運び込まれ、手術を担当した南方だったが、病室を抜け出したその男から「俺はお前だ」と謎の言葉を告げられる。そして、屋上から転落した南方が目を覚ました場所は、幕末の江戸だった! やがて蔓延し始めたコロリ(コレラ)、吉原では女たちを苦しめる梅毒に向き合うことになるが...。南方は、坂本龍馬、勝海舟らと出会い、苦悩しながらも江戸の人々を救うために奔走する。

 原作は、村上もとかの大ヒットマンガ。颯爽とした男役トップの音月は、タイムスリップに戸惑い、やがて自分の生きる道を見つける南方について、繊細に(現代人らしく着物もわざと着慣れていないように着ている!)かつ力強く演じる。南方を慕う武家娘・橘咲の舞羽美海は、一途な武家娘を清潔感あふれる演技で表現。豪快な龍馬を早霧せいな、勝海舟を北翔海莉とキャストも充実している。さらに「水戸黄門」「多十郎殉愛記」等で知られる殺陣師清家三彦によるスピーディーな立ち回り、さすが宝塚と思える吉原の華やかな場面など、多彩なシーンが次々展開する場面転換も見事。雪組の音月と舞羽はともにサヨナラ公演ともなった。思いを込めたセリフ、歌に注目したい。

ペリー荻野プロフィール
ペリー荻野

1962年愛知県生まれ。大学在学中よりラジオのパーソナリティ兼原稿書きを始める。 「週刊ポスト」「月刊サーカス」「中日新聞」「時事通信」などでテレビコラム、「ナンクロ」「時代劇マガジン」では時代劇コラムを連載中。さらに史上初の時代劇主題歌CD「ちょんまげ天国」シリーズ全三作(ソニーミュージックダイレクト)をプロデュース。時代劇ブームの仕掛け人となる。

映像のほか、舞台の時代劇も毎月チェック。時代劇を愛する女子で結成した「チョンマゲ愛好女子部」の活動を展開しつつ、劇評・書評もてがける。中身は"ペリーテイスト"を効かせた、笑える内容。ほかに、著書「チョンマゲ天国」(ベネッセ)、「コモチのキモチ」(ベネッセ)、「みんなのテレビ時代劇」(共著・アスペクト)。「ペリーが来りてほら貝を吹く」(朝日ソノラマ)。ちょんまげ八百八町」(玄光社MOOK)「ナゴヤ帝国の逆襲」(洋泉社)「チョンマゲ江戸むらさ記」(辰己出版)当チャンネルのインタビュアーとしても活躍中。