ペリーのちょんまげ ペリーのちょんまげ

掲載2020年07月31日

ゲキ×シネ「蒼の乱」
強き渡来の美女を天海祐希、愚直でまっすぐな将門小次郎を松山ケンイチが熱演
早乙女太一、平幹二朗らが壮大な戦いの物語を盛り上げる劇団☆新感線のゲキ×シネ

(げき×しね あおのらん ) 出演者:天海祐希/松山ケンイチ/早乙女太一/平幹二朗 ほか 2014年

掲載2020年07月31日

ゲキ×シネ 蒼の乱
「ゲキ×シネ 蒼の乱 」
©ヴィレッヂ・劇団☆新感線

 京の朝廷から野蛮な地といわれる坂東の武者・将門小次郎(松山ケンイチ)は、愚直でまっすぐな若者。矛盾に満ちた社会に嫌気がさしていた。ある日、贅沢三昧の貴族の宴会で渡来人が占いをし、「大凶」が出る。命を狙われた渡来人の女・蒼真(天海祐希)と桔梗(高田聖子)は小次郎に助けられ、ともに脱出。謎めいた剣士・帳の夜叉丸(とばりのやしゃまる・早乙女太一)に導かれて、西海へと向かう。海賊から東国で蜂起するよう促された蒼真たちだが、簡単には動けない。その後、蝦夷の常世王(平幹二朗)と出会った蒼真と小次郎には、壮絶な運命が待ち受けていた。

 平安中期に起こった「承平天慶の乱」に着想を得た劇団☆新感線の作品で、作・中島かずき、演出・いのうえひでのり。一般には、将門は朝廷に反旗を翻し、関東一円を手中にして自らを「新皇」と名乗ったとされる。瀬戸内海では同時期に藤原純友が挙兵。ともに鎮圧され、将門はさらし首にされたと言われるが、そこは新感線の新解釈。まさかの二転三転ストーリーとなっている。天海祐希にとって劇団☆新感線三度目の出演で待望の主演作。松山ケンイチ、平幹二朗は初参加。見事な殺陣を見せる早乙女太一は、この作品でエネルギーあふれる平の演技を身近に観られた喜びを語っている。また、将門の騎馬戦略は知られるが、その愛馬「黒馬鬼」を劇団の人気者・橋本じゅんがユーモアたっぷりに演じる。見事な馬の足さばきに注目。

掲載2020年07月24日

「ご存知!旗本退屈男Ⅳ~紀州徳川家滅亡か!? 謎の女狐と仮面の男 大暗殺隊主水に迫る~」
退屈のお殿様を北大路欣也が豪快に演じた人気シリーズ第四弾
紀州藩主急死の裏で動き出した陰謀探索のために旅に出た主水之介と忍び集団の激闘

(ごぞんじ!はたもとたいくつおとこ 4 ) 出演者:北大路欣也/堺正章/古村比呂/長門裕之/多岐川裕美/中山仁 ほか  1990年

掲載2020年07月24日

ご存知!旗本退屈男 Ⅳ
「ご存知!旗本退屈男 Ⅳ 」
©東映

 将軍・徳川綱吉(長門裕之)にも一目置かれ、天下往来自由の許しを得た旗本・早乙女主水之介(北大路欣也)は、「退屈の虫が騒ぐ」と悪者退治をして江戸の庶民にも慕われるお殿様。紀州藩主が不審な死を遂げ、妹の菊路(古村比呂)の縁談相手で、紀州藩の跡取りである新之助(西川忠志)が襲撃された。間一髪、その危機を救った主水之介は、騒動を見つめる大淀屋(中山仁)と目が合う。紀州家では新之助を抹殺し、側室の子を藩主にと陰謀を巡らす江戸家老(御木本伸介)が暗躍。藩重臣の娘・縫(多岐川裕美)と心を通わせた主水之介は、根来の忍び衆と戦い、行方不明に!? ついに魔の手は法要で手を合わせる綱吉へと迫る!

 北大路欣也が父・市川右太衛門の当たり役を演じて人気を博した長編シリーズ第四弾。今回も雲に菊、花車などを金銀錦で飾った派手な着物での旅立ちとなる。着の身着のままの旅立ちでもしっかり着替えるのはお約束。「しれ者めが!」「この額の向こう傷が目に入らぬか」「人呼んで旗本退屈男」とピシッと気持ちいい決めゼリフの数々と「望みとあらばひとさし舞って進ぜよう」と余裕タップリに見せる主水之介得意の「諸羽流正眼崩し」の必殺剣、時に二刀流も駆使する華麗な殺陣もみどころだ。吊り燈籠のからくりや側用人・喜内(堺正章)との掛け合い、桂歌丸・林家木久蔵(現・木久扇)コンビの面白さもお見逃しなく。

掲載2020年07月17日

「合葬」
江戸の終わりの志と恋と友情。彰義隊に加わった三人の若者の切なすぎる最後の一カ月。
杉浦日向子の代表作を気鋭の脚本家・渡辺あやが脚色した新感覚時代劇映画

(がっそう) 出演者:柳楽優弥/瀬戸康史/岡山天音/門脇麦/井ノ脇海/桜井美南/オダギリ ジョー ほか  2015年

掲載2020年07月17日

合葬
「合葬」
©2015 杉浦日向子・MS.HS/「合葬」製作委員会

 大政奉還をした徳川慶喜は江戸城を新政府に明け渡し、水戸で謹慎。慶喜を警護するため結成された彰義隊は、治安維持にも活躍し、市民から信頼を得ており、この事態に不満を抱いていた。「わが命は上様に捧げ奉ると決めている」と彰義隊に参加した秋津極(柳楽優弥)は、家督を弟に譲り、許嫁・砂世(門脇麦)とも別れを決意。幼なじみの砂世の兄・悌二郎(岡山天音)は、彰義隊は新政府に反逆する集団であり、参加は無意味だと怒る。たまたま居合わせた友人の吉森柾之助(瀬戸康史)も加わり、三人は写真を撮った。そして、極は志から、悌二郎は極を止めるため、養子先を追い出され、行き場のない柾之助は彼らに誘われるままに彰義隊に身を投じる。だが、新政府軍との激突「上野戦争」が目の前に迫り、三人の運命は暗転する...。

 白虎隊、新選組などに比べ、あまり取り上げられないが、実質三千人もの隊士を擁した彰義隊。その内幕を三人の若者の志や友情、悲恋もからめて描いた。瀬戸はこの役について「将来について悩み、道を決められないのは現代と同じ。今を生きる僕らに通じる」と語っている。彼らを見守る隊の幹部をオダギリジョーが演じ、「このままでは犬死だ」と悲痛な表情を見せる。三人の写真が切ない。原作は杉浦日向子が日本漫画家協会賞優秀賞を獲得した人気コミック。脚本は、朝ドラ「カーネーション」の渡辺あや。ナレーションは、カヒミ・カリィ。

掲載2020年07月10日

「天地人 総集編」
「愛」を掲げて戦った戦国武将・直江兼続の生涯を描いた大河ドラマ
妻夫木聡のしなやかな強さと、家康(松方弘樹)らくせ者武将たちのぶつかり合いに注目

(てんちじん そうしゅうへん) 出演者:妻夫木聡/北村一輝/常盤貴子/田中美佐子/高嶋政伸/東幹久/玉山鉄二/加藤清史郎/長澤まさみ ほか  2009年

掲載2020年07月10日

天地人 総集編
「天地人 総集編」
©NHK

 戦国時代、主君・上杉景勝(北村一輝)を助け、「愛」の文字を兜に掲げて、颯爽と生きた直江兼続(妻夫木聡)。総集編第一回「天」の章では、わずか五歳で上杉の家臣となるべく、寺に入れられた与六(後の兼続・加藤清史郎)が、巨木のような上杉謙信(阿部寛)に「わしは、こんなところに来とうはなかった!」と言い放つ。その正直さと率直さを謙信は「気に入った」と見込み、兼続の運命は大きく変わる。阿部謙信は、まゆ毛も黒々顔も黒々で野性味たっぷり。「北斗の拳」のケンシロウ風だ。だが、カリスマ性のあった謙信が亡くなると、不穏な空気が...。兼続は景勝の人柄をよく理解し、陰ひなたなく支え続ける。

 時代の表舞台に立った織田信長(吉川晃司)が本能寺の変で討たれ、時代は大きく動く。成長した兼続は、次々と戦国のトップを怒らせる。天下を手にした秀吉(笹野高史)から黄金を積まれ、家臣にとスカウトされた際には断固拒否。あわや手討ちになりかける。やがて、淀殿(深田恭子)と秀頼を遺して秀吉が亡くなると、豊臣と徳川の対立は避けられない状況に。大名たちが分裂していく中、義を重んじる上杉の決意は固かった。兼続は歴史に残る大批判の書状を堂々と送りつけ、家康(松方弘樹)をカッカとさせる。兼続の度胸は五歳の時のままだ。笹野、松方のくせ者ぶりにも注目したい。生涯、側室を持たなかった兼続の愛妻・お船(常盤貴子)への思い、斬新なヘアスタイルと着物のセンスで目立ちまくる石田三成(小栗旬)との友情、長く不遇だった真田幸村(城田優)との出会いなども見逃せない。幸村の姉(長澤まさみ)が女忍びとして動くのも面白い。いい味なのが、景勝との関係だ。口下手だが心優しい景勝は、兼続が安産祈願に作りかけた小さな彫り物を見て、「早くイノシシを完成せねばな」とぼそっと励ますが、実はそれは犬...。主従のやりとりはどこかとぼけてほのぼのとする。大河ドラマ史上、初めて関ヶ原の戦いで敗れた側の武将を主人公にした作品。勝ち組、負け組が取りざたされる現代に、人としての真の生き方、幸せとは何か、原作者・火坂雅志の問いかけがドラマにあふれる。

掲載2020年07月03日

「妖怪百物語」
悪人が開いた「百物語」をきっかけに妖怪たちが次々姿を現す。
藤巻潤、五味龍太郎、神田隆らの怖い顔とシリアスな演技が見ものの大映特撮妖怪映画。

(ようかいひゃくものがたり ) 出演者:藤巻潤/高田美和/神田隆/平泉征/坪内ミキ子/ルーキー・新一/林家彦六(八代目・林家正蔵) ほか 1968年

掲載2020年07月03日

妖怪百物語
「妖怪百物語 」
©KADOKAWA 1968

 江戸の豪商・但馬屋利右衛門(神田隆)が寺社奉行・堀田豊前守(五味龍太郎)と町の有力者を招いて「百物語」の会を開く。甚兵衛長屋の浪人・安太郎(藤巻潤)も「欲に憑りつかれた代物どもの集まりには、もってこいの催しだ」と参加した。但馬屋は甚兵衛長屋を取り壊して岡場所を作ろうと企んでいたのだ。ひとりずつ怪談話をするたびにろうそくの火を消して、最後には妖怪封じのおまじないをするのが決まりだが、但馬屋はそれもせず、小判を渡して自分の味方に引き入れようとする。さらに甚兵衛を重助(吉田義夫)に殺害させ、甚兵衛の娘おきく(高田美和)を好色な豊前守に差し出す。危難を救ったのは、安太郎だったが、悪人たちの前には次々と妖怪が現れて...。

 監督は「座頭市」「大魔神」の安田公義。"おいてけ堀"の奇怪な声に始まって、のっぺらぼう、土ころび、ろくろ首などさまざまな妖怪たちが登場。キャッチフレーズは「日本のお化け総動員!」「奇想天外の百鬼夜行」。ポイントは大映製作陣が得意の陰影の濃い映像技術と名人・西岡善信による美術の技を活かし、本格的な特撮妖怪映画に仕上げていること。お化けも怖いが、脅される神田、五味、吉田、伊達三郎ら強面悪役たちの恐怖の顔もかなり怖い。ルーキー新一とからかさお化けとの珍妙な場面や林家正蔵の絶妙な怪談の語りも見もの。幻想的なラストシーンも心に残る。

ペリー荻野プロフィール
ペリー荻野

1962年愛知県生まれ。大学在学中よりラジオのパーソナリティ兼原稿書きを始める。 「週刊ポスト」「月刊サーカス」「中日新聞」「時事通信」などでテレビコラム、「ナンクロ」「時代劇マガジン」では時代劇コラムを連載中。さらに史上初の時代劇主題歌CD「ちょんまげ天国」シリーズ全三作(ソニーミュージックダイレクト)をプロデュース。時代劇ブームの仕掛け人となる。

映像のほか、舞台の時代劇も毎月チェック。時代劇を愛する女子で結成した「チョンマゲ愛好女子部」の活動を展開しつつ、劇評・書評もてがける。中身は"ペリーテイスト"を効かせた、笑える内容。ほかに、著書「チョンマゲ天国」(ベネッセ)、「コモチのキモチ」(ベネッセ)、「みんなのテレビ時代劇」(共著・アスペクト)。「ペリーが来りてほら貝を吹く」(朝日ソノラマ)。ちょんまげ八百八町」(玄光社MOOK)「ナゴヤ帝国の逆襲」(洋泉社)「チョンマゲ江戸むらさ記」(辰己出版)当チャンネルのインタビュアーとしても活躍中。