池波正太郎の江戸料理帳 第二章|365日時代劇だけを放送する唯一のチャンネル時代劇専門チャンネル

  • 第8回
    『鬼平犯科帳11「土蜘蛛の金五郎」』里芋とねぎの含め煮

作り方
  • 1.里芋は、皮をむいたら、乱切りにして、さっと洗ってください。
    ねぎは、1.5㎝幅の小口切りに。
  • 2.鍋にだし、砂糖、醤油と里芋をいれ火にかけ、アルミ箔の落し蓋をして、5分間煮たら、冷ます、これを2~3回繰り返して芋に味を含ませていきます。
  • 3.芋が柔らかくなったら、ねぎを加え、仕上げに残りの醤油(小さじ1/2)を加えて味を見てください。

材料(二人分)


  • 里芋 5個(正味1個60g)
    (器が小さいので分量は少なめです)
  • ねぎ 1本
  • だし 250㏄
  • 砂糖 大さじ1
  • 濃い口醤油 大さじ1+小さじ1/2

ページトップへ戻る