池波正太郎の江戸料理帳 第二章|365日時代劇だけを放送する唯一のチャンネル時代劇専門チャンネル

  • 第10回
    『梅安蟻地獄 仕掛人・藤枝梅安「春雪仕掛針」』貝柱飯

作り方

◇貝柱飯(はしら飯)

  • 1.白米を一合分炊いておいきます。
  • 2.貝柱は醤油、おろし山葵で和え、炊き立てのご飯にかき回し合わせます。
  • 3.器に盛り、焼き海苔をのせたら完成です。

◇黄身酢和え

  • 1.貝は殻からはずし、むき身はぬめりをとるため酢水(水300cc、酢大さじ1)でさっと洗い、足とひもに切り分けます。
  • 2.容器に卵黄、砂糖、酢(大さじ2)を合わせたら、湯せんしながらとろっとするまでかき混ぜてください(1分位で火が通ります)。
  • 3.ぬらしたガーゼの上に2.を乗せ、箸でしごいて裏濾し、よりなめらかにしてください。
  • 4.濾したらぽたりと落ちる程度まで、だしでのばします。
  • 5.一口大に切ったわかめと青柳を器に盛り、黄身酢をかけたら完成です。
    (一人分大さじ1と1/2)

材料(二人分)


◇貝柱飯(はしら飯) - - - - - - - -

  • 貝柱(青柳) 200g
  • 醤油 大さじ1+1/2
  • おろし山葵 10g
  • 白米 一合分
  • 焼き海苔 適量

◇黄身酢和え - - - - - - - - - - - -

  • 青柳 2個
  • わかめ 30g

・黄身酢

  •  卵黄 3ケ
  •  砂糖 大さじ2
  •  酢 大さじ2
  •  だし 大さじ1/2

・むき身を洗うための酢水

  •  水 300cc
  •  酢 大さじ1

ページトップへ戻る